1. "富野自身で創作力はダンバインで尽きたと自分で言ってたぞ
    仮に10年、20年後アニメ作っててその作品を自信作と言ってたとしても
    それは僕なりに虚勢張ってるだけだから相手にしないでもらいたい
    と気になることも…"
     

  2. "さて、Android版「Ingress」では、ポータル候補を写真とともに投稿できます。「GALAXY S5」に限った話ではないのですが、GPSなどで負荷がかかっていたスマートフォンでは、装着しているケースによって熱がこもってしまい、カメラが起動できない、という制限がかかることがあるかもしれません。ケースを外して風を当てる、といったことをすれば、再びカメラを起動できるようになることもありますが、折しも夏本番、日本に降り注ぐ太陽の日差しは、ちょっと厳しすぎるかも。いや、これはスマホに限らず、エージェントの皆様にも言えること。筆者は、エージェント仲間から、パウチ容器入りのアイスがオススメと教えていただきました。もちろん端末、そしてプレイしている本人の冷却用として。"
     

  3. "日本人に聞くと「休み」と答え、 欧米人に聞くと「遊び」と答える。 なぜ、このような違いが生まれるのか? 一般的に「日本人は「カラダ」を使って稼いでいて、欧米人は「頭」を使って稼いでいる」と
    言われています。"
     

  4. "日本人に聞くと「休み」と答え、 欧米人に聞くと「遊び」と答える。 なぜ、このような違いが生まれるのか? 一般的に「日本人は「カラダ」を使って稼いでいて、欧米人は「頭」を使って稼いでいる」と
    言われています。"
     

  5. "関西電力で政界工作を長年担った内藤千百里(ちもり)・元副社長(91)が朝日新聞の取材に応じ、少なくとも1972年から18年間、在任中の歴代首相7人に「盆暮れに1千万円ずつ献金してきた」と証言した。政界全体に配った資金は年間数億円に上ったという。原発政策の推進や電力会社の発展が目的で、「原資はすべて電気料金だった」と語った。多額の電力マネーを政権中枢に流し込んできた歴史を当事者が実名で明らかにした。"
     

  6. "埼玉市民オンブズマン・ネットワークの中村勉事務局長は「西欧の歴史書やコーランなどの宗教書は県民の生活に役立つ政務活動とは考えにくく、県民には到底理解できない。私的流用とも考えられ、今後、当団体で監査請求を検討したい」としている。"
     

  7. "日本で初めてウォッカを製造・販売したのは、ロシア系亡命ユダヤ人のミハエル・コーガンが創業した太東貿易である。ただし同業他社が登場したのですぐ撤退、その後は輸入やアミューズメント事業に方針転換、現在はゲーム会社のタイトーとなっている。"
    — ウォッカ - Wikipedia (via saitamanodoruji) (via otsune) (via yaruo) (via ipodstyle) (via iyoupapa) (via dfgkelxp) (via taisukeorg) (via nobby0-0) (via homh) (via sironekotoro) (via yellowblog) (via andi-b) (via rei-pq) (via idios) (via athsear)
     

  8. "日本で初めてウォッカを製造・販売したのは、ロシア系亡命ユダヤ人のミハエル・コーガンが創業した太東貿易である。ただし同業他社が登場したのですぐ撤退、その後は輸入やアミューズメント事業に方針転換、現在はゲーム会社のタイトーとなっている。"
    — ウォッカ - Wikipedia (via saitamanodoruji) (via otsune) (via yaruo) (via ipodstyle) (via iyoupapa) (via dfgkelxp) (via taisukeorg) (via nobby0-0) (via homh) (via sironekotoro) (via yellowblog) (via andi-b) (via rei-pq) (via idios) (via athsear)
     

  9. "男と別れて東京でのOL生活に疲れて箱根で仲居をしてる友人は、明らかに女子大生とオッサンの不倫カップルの場合、旅を盛り上げる合いの手として「ご飯のおひつは奥様の方に置いておきますね」と一言告げて襖をしめながら「奥さまだって笑」と女子大生が必ず言うのを唯一の楽しみにしてるらしいです。"
     

  10. "「身内からの提供を望む夫婦は少なくない。カウンセリングを重ねて、慎重に行っている。血のつながりがあった方が、提供者家族も含めて良好な家族関係を築きやすい、出自が明確になるという面もある」"
     

  11. "「娘の名前、マイって言うんですよ」「どんな漢字かくの?」「麻薬の麻に、依存の依ですね」"
     

  12. "「他国からの侵略はこう行われるぞマニュアル」 by スイス政府
    ①まずは政府を洗脳→
    ②テレビや新聞を使って、国民から自分で考える力や愛国心を失わせる→
    ③平和や人類愛をキーワードに、抵抗する者を悪者にする→
    ④国民が無抵抗になったとこで大量移民!!"
     

  13. "オフレポートを書いた時、参加者ごとの印象を書いていると、その順番で、どの人に対して好感度を持ったのか深読みする人が出てくる。最初に出てくる人、最後に出てくる人は怪しまれる。"
     

  14. "マジ理解できないし許せない
    どんな育ち方したら人のおりがみの金色を勝手に使うんだよ"
     

  15. "近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
    この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
    果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。
    この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。
    私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。
    なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
    その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
    この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。
    世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
    それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
    吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを。"